内部から破壊

前回は重機をお願いして一気に撤去しましたが、今回は距離も短めで、家主さんも大掛かりにしたく無さそうだったので渋々一人力の解体作業となりました。

小さい削岩機と重さ10kgを超える床を壊す用の削岩機を交互に使って、外側からガツガツ砕くイメージでは無く、壁の芯に衝撃を与えて大きな塊で取り除くイメージ。

タガネの先に力を一点集中させて、内側破壊を促す北斗神拳のイメージです。

擁壁の撤去作業1日目

体力勝負の作業ですから、解体だけなら1日で終われるかな?と思ったんですが、重さと暑さと振動の影響下で、午後から機械も人間もペースダウン。

残った擁壁は3分の1程で、次回に持ち越します。今日の雨は「40歳越えての2日連続のハードな作業は身体を痛めるから休め」と言う意味かもしれませんね。

5件のコメント

    1. 削った後のモルタル補修もあるので、やろうと決めたんですが、2人掛りでやろうと決めていたのに、スケジュールが合わず断念。
      今日が雨で出来なくて正解かもしれませんね。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中