失速から復元

後半の失速の原因は機械にありました。

前回までの状態

小さい方の電動ハンマ(削岩機)が徐々に打撃しなくなり存亡の危機に。先月の大掃除中に出て来た削岩機を代用とします。

使ってみたら、すこぶる調子が良い!!

擁壁の解体作業後半の様子です。

16kgの電動ハンマに、調子が悪かった(小さい方の)ハンマを使っていた時と、破壊力とスピードが段違い。

『初日の半分』は話しの盛り過ぎでも、そのくらいに感じる速さで、両電動ハンマを使い分けて、呆気なく擁壁が崩れて行く。

コンクリート片の処分も済んで復元作業へ

崩したコンクリート片を処分場へ運び出した後、擁壁の切り口と、道路と駐車場の段差を無くすために、モルタルでの修繕作業へシフトします。

この頃は南の空に怪しい雲が…雨が降るのはもう少し先と判断。

仕上げ

もう、大分、モルタルの硬化する時間帯ですが、大雨で表面に傷付くのを嫌って、雨が降り始めたら、ビニールか新聞紙を掛けて対応してと家主さんにはお願いしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中