ドローンから始まった

どこまで塗装で綺麗に仕上がるのか?

突然Iさんから「屋根の瓦が4枚くらい無くなってるの!」と、脅迫観念に駆られた様に電話が掛かって来たのが先月の終わり頃。

そう、スネ雄君の生誕4◯周年記念の2日前

その専門家っぽい方が、ドローンで建物を上空から撮影したら、瓦が不自然に飛ばされて無くなっていると言われたらしい。

120% 鷺(さぎ)の手口?思ったけど、もしも違っていたら…

玄関の軒先天井はまあまあ綺麗に仕上がる

後日、その写真と、専門家っぽい方の説明の内容や見積もり書を見せて頂き、実際梯子で2階屋根に登って点検をしたら…なぁ〜んだ、それの事?!

軒先天井の張り替えは足場があれば楽チン

発端だった瓦は全く問題無く(どうして瓦が飛んでいる様に見えるのか?)、緊急性はむしろ低め。

呼び出しを喰らってから細切れ時間も上手く活用し、朝、小雨が降った日曜日と久々に暑かった月曜日の2日間で、やっと終わりも見えてきました。

壁の亀裂から雨が侵入した形跡を発見。

ドローン調査で増えてしまった修繕作業も無事に消化して、宿題になっていた数年前の台風で雨漏りした場所も注意深く観察してみると…

自分が考えている以上の深刻な事態にぶち当たってしまいました。

雨漏りの根源はここの可能性が大

副鼻腔炎を発動して、雨漏りのする匂いはしません(笑)けど、ここは滅茶苦茶そんな匂いが漂いますねぇ〜。

家主さんと相談して、雨が入る場所なのか?雨が入り続けているのか?何処が雨漏りの起点なのか?住んでいるとどんな感覚で雨が流れてくるのか…

壁の破損は敢えて平に塗ってません!(本気出せば俺だって平に塗れるんだぜ!)

ここは1番簡単に、手間暇を掛けず、ボッタくれる、安く済む方法を選択します。

仕上げ塗装は、得意の細切れ時間に済ませておきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中