名誉の負傷から

地味に痛い

利き手の中指を常にかばいながら、既存フェンスをバラし、両面スコップで、深さ50cm程の穴を掘り、その穴に重いフェンスブロックを配置する為の上下動を繰り返す。

このフェンス設置も近所の工務店の外注作業。庭木を掻い潜ってフェンスを撤去した後。

コレも何かの訓練と脳みそに言い聞かせ、レーザーレベルを使いフェンスブロックを等間隔で配置。

少し時間は掛かっだけど、1番面倒なFBが決まる

フェンスは翌日に持ち越す

高さ120cmのフェンスは柱も太くて重い

通常は柱を前日に立てて固めておくらしいのですが、ウチは(柱と本体の設置を)同時進行、一気にたたみかけます。

高さ1m20cm×距離6.8mの立格子フェンスが完成。

指が痛んだ初日と、痛みが和らいだ2日目と分けて行ったフェンスの設置は、何とか無事に完成です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中