外しちゃダメな部分

今日はこの現場の急所(肝)の部分になります。

柱の部分に穴を掘る

アスファルトに墨を打ち(線を引く)、柱を立てる位置に芯を出し、説明書にある大きさのコンクリートの大きさの四角い穴を開けます。

深さ50cmの穴を4本を、午前中一杯掛けて手掘りして柱を挿します。

カーポートの建前がスタート

この柱を立てる(モルタルで固定する)工程が済めば、カーポートの組み立ては終わったも同然です。

写真では見られない、地中に埋まった配管や壊せないコンクリートなど、障害も多かった。

柱の芯、屋根の寸法、直角もバッチリ決めたつもりですが、実際に柱を4本立てて、高さ、水平、垂直を確認する必要もあります。

Rの梁とドッキング

柱を繋ぐ樋のフレーム、左右の柱同志を繋ぐ梁をドッキングして、柱の下をモルタルで固定。

最後にフレームの直角を確認し、障害物でどうでも動かせない部分も何とか誤魔化し??、カーポートの急所の部分を終え休日に入ります。

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中