第2弾が始まる

ユニットバスの折れた折戸の交換から2ヶ月が過ぎ、こちらの都合で延期になっていたリフォームの続きとなる、畳からフローリングに変える工事が始まる。

年季の入った畳の部屋から机や棚を引きずり出す

家主さんサイドは、ユニットバス丸ごと交換するしかないイメージだったのが、折戸の交換だけで済んでしまって…

予算余りで予期せぬ追加工事の嵐に見舞われる

スネ雄にとっては有難迷惑(お前マジか!)な話しですが、やる事が増えてしまい、時間と作業の調整に追われる。

畳の厚み分を嵩上げし、コンパネの下地作り

つくばみらい市のGプロジェクト中に、ヘルプをお願いしたベテランの大工サンから、和室の下地の施工法について、頼んで無いのに指導を受けました。

別にそこまで気を使う必要は無かったんですが、今回はその時の反省??も兼ねて、無垢の板でレベルがいい加減だったのもあり、垂木の高さを調整しながら固定してみました。

コンパネの繋ぎ目をずらして張る

床下のインスペクションや垂木の高さ調整、垂木の並べる方向を縦横を間違った(写真奥の引き戸の裏はキッチン)のを直したりと、余計な事もしながら初日を終わる。

仕上げのフローリングスタート

2日目は、会長を引っ張り出し2人で作業するから気楽なものです。

まだ、押し入れの襖をクローゼットにしたり、キッチンパネルの貼り替えとシンクのセッティングなど色々とあるけれど、また材料が揃い次第の工事と言うことになりました。

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中