まだまだ先は長い

建物の反対側(南面)の補修前

外壁のヒビ割れが予想を上回る数で、モルタルで埋めていくのに、何だかんだと丸2日掛かり

足場のメッシュシートで、補修箇所はこのアングルからは確認し辛い。

ペンキ屋さんの防水作業(壁と窓枠や見切り板の繋ぎ目のコーキング)と、ウチのヒビを埋める作業を同時に進行中。

その他にも

錆びて朽ち果ているシャッターボックスを綺麗にする

朽ちたシャッターボックスを復元する

シャッターを新規にすれば問題ありませんが、何でもかんでもお客さん側に負担を強いる事も出来ませんので、脳みそをフル回転させて、低価格で簡単に修繕する方法を模索した結果…

結露対策にルーフィングを挟んで

平トタンを加工して、結露でトタンが錆びない様にアスファルトルーフィングを挟み、既存のシャッターボックスの上に被せました。

なんちゃって板金工業ですから、加工は全て手作業。平トタンも硬かったから利き手の掌が痛い。

壁に差し込めないトタンとの繋ぎ目は、コーキングを被せ、その上にペンキ塗る作戦です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中